セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

相続問題(3) -完結-

以下のようなエントリを前に書きましたが、被相続人である父親の死去から1年半が経過してようやく相続に関する諸々の手続きが完了しそうです。

eretire.hatenablog.com

eretire.hatenablog.com

遺産分割の割合については既にに記載した通りで決着していましたが、時間がかかったのは遺産分割協議書作成のための土地の評価の確認等の手続き的な部分です。

私が税理士事務所と直接話しているわけではないので遅くなった本当の理由や詳細はわかりませんが、終戦前からあった土地なので諸々の必要書類を集めるのに苦労したのと、実家家屋の建て替え時に土地のセットバックを行なったものの登記のアップデートをしていなかったため、それを実施していたのが大きな理由とのことでした。途中で私が相続の仕方(割合ではない)に関して翻意したのは事実ですが、それにしても税理士事務所も少しのんびりしすぎなのではないかというのが個人的な感想です。

とはいえ、結論としては私の相続分である土地の25%に関しても相続税は発生しないということなので、もし相続税が発生していたのであればそれに合わせて発生していたはずの今年の3月から今までの分の延滞税が最大の懸念事項でしたが、それを気にする必要がなくなったことはかなり嬉しいニュースです。自分たちが住むための土地という「資産」と呼べるほどでもない規模の相続なので、発生したかもしれない私の相続分に対する相続税も数百万円程度ではありますが、延滞税は年率14.6%ですからもし相続税が発生して延滞税も支払うことになるとそれだけで一月分の生活費くらいにはなってしまいます。

後学のために税理士に詳細を聞いてみようかとも思ったのですが、相続に関する税制は色々と特殊なことが多いし得た知識が役に立つ機会も残りの人生のうちでそんなに無いでしょうからやめておくことにします。