セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

【ポケモンGO】ジムバトルのコツ その2

今回はバトル自体のコツです。

10/12追記 10月中旬のアップデートでトレーニングの仕様に修正が発生したため、記載内容を一部修正しました。

ポケモンと技の相性を把握する

相手のポケモンに合わせたポケモンと技を選択することで楽に戦いが進められます。以下のサイトが参考になります。

pokemongo.gamewith.jp

gamy.jp

考慮すべき点は

  1. 相手ポケモンに一番効果的なダメージを与えられる、または効果が無い手持ちポケモンはどれか
  2. 相手ポケモンからダメージを受け易いまたは受けにくい手持ちポケモンはどれか
  3. そもそもの攻撃力

1は技を把握していないといけないので、私はポケモンの名前を技の名前か属性に変更しています。2は一度戦ってみないと相手がどの技を持っているかわかりません。

例えば氷技しか持っていないラプラスが相手の場合

  • 効果的な技の属性 : かくとう・いわ・でんき・くさ
  • 効果がない技の属性 : みず・こおり
  • ダメージを受け易い属性 : じめん・ひこう・くさ・ドラゴン
  • ダメージを受けにくい属性 : はがね・ほのお・みず・こおり

となり、くさタイプが良さそうに見えてもダメージも大きいのでお勧めできません。私がバトルするとしたらでんき(サンダース・エレブー)かウインディにします。でんきは打たれ弱くはありますが手持ちがたくさんいるからで、ウインディは攻撃でばつぐんは取れないものの、もともと打たれ強いし氷技の攻撃がいまひとつになるからです。強いウインディがたくさんいればウインディだけでも良いと思います。

別の例だと、カビゴンに対してはかくとう技が有効ということになっていますが、カビゴンは硬い(HPが高い)し、かくとう技は元々の攻撃力が低いので倒すのに時間がかかってしまい、場合によっては時間切れになります。このためかくとう技のカイリキーをカビゴン対策として強化するよりCPが高いハイドロポンプ持ちのシャワーズギャラドスで攻撃した方がマシということになります。

戦い方

トレーニングと攻略の違い

トレーングは避けが重要

トレーニングは相性の良いなるべく低いCPのポケモンで1勝する、またはやや低いCPのポケモンで2連勝するなどで多くの名声を取得したいので、相手の攻撃は技1技2に関係なく避けます。多くの場合拾ってきた野生のポケモンたちを無強化で活躍させることができます。

トレーニングでも6匹のポケモンを選択できるようになりましたが、得られる名声は自分が選択した6匹と戦うポケモンのCP差で決まります。基本的には以前と同じで低いCPのポケモン群を選択して高いCPのポケモンと対戦して勝利し、多くの名声を獲得します。なので様々なタイプの様々なCP帯のポケモンを用意しておき、対戦相手のタイプとCPに応じて選択します。引き続き野生のポケモンたちを無強化で活躍させることができます。

攻略はジムレベルや相手の種類にもよりますが、攻撃力のある組み合わせで技2をメインに避けてガンガン打っていく感じでしょうか。私はそんなに攻撃力の高いポケモンがいませんので、一人でやるときは時間切れ間際の場合を除いてトレーニングと同じ全避けでやっています。

攻撃側の攻撃力が相手の陣営に比べてあまりにもかけ離れて大きい場合を除き、技2は避けないと回復アイテムの無駄遣いになるので最低限技2に関しては避けるスキルは必須だと思います。

共闘

もう一つの大きな違いは攻撃側の人数で、攻略の場合は最大5人まで同じバトルに参加できます。ただし、誰かが既にバトルを開始した後に他の人が参加すると、後から入ってきた人は入った瞬間に最初からバトルをしている人がそのバトルでこれまでに受けた量と同じダメージを受けてしまいます。このため知らない人が既にバトルをしているようであればしばらく様子を見た方が良いのと、知っている人同士でバトルをする場合は同時に開始するのが良いです。

避け方のテクニック

相手の攻撃で集中線が出現したら500ms(集中線が消えかかったら)後にスワイプするだけです。ポイントは集中線以外のあらゆる表示(相手ポケモンの動きやその他のアニメーション及び文字)に惑わされてはいけないということと、こちらが攻撃中などで自由に動けない状態にしておいてはいけないということです。以下はジムバトルで大変参考になる動画をアップしている人のYouTubeチャンネルです。バトルのテクニック習得に関してはこれ以外の動画を見る必要は無いと思います。

www.youtube.com

正しいタイミングでスワイプしても動作が重かったり通信遅延等で思い通りに動かず技をまともに食らってしまうこともありますが、これは事故として諦めるしかありません。

無駄な連打はしない

9月下旬のアップデート以降、入力バッファが実装され、例えば2回連続でタップすると攻撃の早さにかかわらず2回攻撃するようになりました。全避けする場合、相手の技1を避けた後に技の早さに応じてこちらの技1を1から5回入れますが、相手の技1と技1の間にこちらの技1を1回しか入れられないはっぱカッターやいわくだきのような場合、連打をしてしまうと最初の攻撃後に次の攻撃を仕掛けてしまうので相手の技1をまともに受けてしまいます。同様に連打をしていると相手の技2もまともに受けてしまい大惨事になるため、連打はせずに攻撃したい数だけタップします。

連打をして良いのはれんぞくぎり・りゅうのいぶき・はたくのような、攻撃から次の動きに入るまでの拘束時間が極めて短い技のみです。