読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

Pokémon GOを始めて一ヶ月経ちました

以前Pokémon GOを始めましたというエントリーを書きましたが、一ヶ月経ってだいたいやり方が固定化してきたので我が家の遊び方を書きたいと思います。

現在の状況

私はトレーナーレベル26で捕獲したポケモンの種類は全149種類のうち118、妻はトレーナーレベル24で、捕獲したポケモンの種類は100と少しです。 会社員の妻に対して時間の自由が利く私の方が平日のプレイ時間がやや多いのと、ボール投げの効率が良いのがレベルの違いに現れてきているようです。

ポケモンを集めるということ

開発元のNiantic社によると、今後モンスターの種類が増える可能性があるそうです。また、リンク先によるとポケモンの種類自体はアニメ・ゲーム全てを含めると720もいるそうなので、この数に向けてゲーム中のポケモンを増やしていったり特定の地域だけでしか捕獲できないご当地ポケモンなどが出たりすると全種類揃えることは難しそうです。そもそもレアであったとしても、コインをゲットするためのジムバトルであまり使えないような種類のポケモンを揃えることに対しての意義があまり感じられません。

もともと収集癖は無い方なので、ポケモンは散歩や都内の巣への遠征等で発見して捕獲できたらいいかなくらいに思っていますが、意外だったのは、これまでゲームに対して関心を見せたことが無く、普段の生活の中では私と同じように収集することに対しての執着がないように見えた妻が図鑑埋めに熱心だということです。8月23日頃に頻出箇所で出るポケモンの種類が少し変わりましたが、リピートすることをあまり好まない妻が一度訪れた公園にまた行きたいと言っています。遊びに対して熱心になるという意外な面が面白いのでしばらくはそれに付き合っていこうと思っています。

基本的な遊び方は「出稼ぎ -> 地元で錦を飾る」の流れ

東京都世田谷区の自宅から見るとこんな感じです。 f:id:tkhrmz:20160822163855j:plain:w300

自宅の最寄の繁華街や大きめの公園に行っても雑魚キャラの数が増えるだけでレアポケモンはあまり出ないし、ジムバトルで使える即戦力中途採用のような強いポケモンもいないため自宅近辺と状況は大して変わりません。

ただ、ポケモンの出現頻度は変わらないものの、出現する種類は定期的に変わるので、一応日々の散歩を欠かさないようにしているのと、散歩のコースを微妙に変えたりするなどのことは続けるようにしていますが、あくまでも退屈な散歩に別の要素を加える程度で都内の頻出場所(巣)での成果に追いつけるはずもないので、基本的には以下のように目的を分けています。

近所でやること

  • たまごを孵化させるために歩く*1
  • コインを得るためのジムバトル
  • 散歩の途中で見つけたポケモンをなんとなく捕獲
  • ポケモンが出やすい場所(ポケソース)の調査

頻出場所に行ってやること

見出しにも書いた通り、頻出場所に行ってレベルを上げたり強いポケモンを捕獲するなどの「出稼ぎ」をし、捕らえたポケモンを使用して自宅近辺のジムでバトルをして錦を飾るという流れが固定化しています。

もちろん頻出場所に行って朝から深夜までそこでポケモンを捕まえたりレアポケモンが出るのを待っているほどにはガチ勢ではないしバッテリーも保たないので、目的地の近所の美味しそうな店でランチを食べたり公園やその近隣の散策等、外出のアトラクションの一部にその場所でのポケモンのプレイを含むようにしています。ポケモンGO以前の遊び方の「xx公園に行ってボートに乗る」に加えて「ポケモンを捕獲する」が加わっただけというイメージです。

活動量

上記の通り家の近所ではあまり成果が得られないので、初期の初期に比べると平日の歩数は落ち着きを見せています。以下が歩数の履歴です。

f:id:tkhrmz:20160824175738p:plain

左端の急激に増えているところがスタート地点です。最初は3万歩を超える日も多かったのですが、現在は多くても2万、天候が良い日であっても少ないと1.5万歩強程度に落ち着きました。

グラフは掲載しませんが、天候の良かったであろう5月頃であっても平日で1万歩行けば多い方で、少ない日だと5,000歩以下の日も多数あったので、それに比べると落ち着いてきた今であってもゲームを始める前よりは活動量は増えていると言えます。

二人(複数)でプレイしないとつまらない

私は平日の散歩ついでのプレイ以外は外出での捕獲もジムバトルも妻と一緒にプレイしています。理由は

  • 二人でジムバトルをしたほうが効率的なことが多い
  • 一人でレーダーアプリ*2での探索から捕獲までやるのが大変
  • レアものを見つけたり捕またり逃したりしても悲喜を伝える人がいないためつまらない
  • 休日の外出の動機やアトラクションの一つなので、一人でプレイする理由があまり無い

我が家に限らず、頻出場所で周りを見渡しても感覚的にはカップル・家族・友人同士で来ている人が割と多いように見えます。

今後も遊び続けていくかどうか

だいたい自宅から割と簡単にアクセス可能な頻出場所(目黒川、新宿中央公園、お台場、浜町公園、平和の森公園(大田区)、中原平和公園池袋西口公園)には一度は行ったので、公園巡りは一巡しました。もっと足を伸ばせば他にも頻出場所はありますが、交通費やその他ポケモンGOと組み合わせる娯楽(食事等)のバランスを考えるとこの辺りで十分でしょう。狩りに出かけるとしたらこれらの場所をリピートすることになりますが、何度もリピートするかどうかは以下の要因によります。

  • 妻が飽きてもうやらないと言い出す
  • ゲームのシステムが複雑になったりポケモンの種類が多くなりすぎて覚えるのが面倒になる
  • 頻出場所や種類のシャッフルが長期間行われず、同じ場所で同じものしか捕獲できなくなる
  • レベルが上がらない・ジムで勝てない等進捗が停滞する

観光地が誘致目的で何らかの仕掛けをしたら行くかどうか

冒頭のリンク記事で、地域復興や「都市部の人が地方を訪ねたくなる仕掛け」を考えたいとNianticの人がコメントしています。仮にそういう仕掛けがあった時にそこを訪ねるかどうかですが、私自身は国内旅行はどこに行ってもさほど違いがないと思うので大して興味がなく、ポケモンGO以外のコンテンツにはあまり興味がない以上ポケモンGO関連の仕掛けが加わったところで全体的として見たときの魅力はさほど無いと考えるため、少なくとも現在の私にとってはポケモンGOによる観光客誘致施策が訪問の動機になることは無い気がしますが、想像をはるかに超える施策だった場合はこの限りではないので、想像を絶する何かを期待して待ちたいと思います。

*1:たまごには2km, 5km, 10kmの三種類があり、歩行距離に応じてたまごが孵化してポケモンが入手できます

*2:地図上に現在捕獲可能なポケモンを表示し、それがあと何分間有効かを表示するアプリ