セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

重大ミス - 認定日に行けない

海外旅行と認定日が重なってしまい、ハロワに行けないことが発覚しました。

失業給付金受給者にとって、月に一度の認定日は最重要の日です。規定回数・規定内容の求職活動を行った上でこの日にハロワに出頭しないと失業給付金をもらうことができず、またごく一部の例外を除き認定日は変更できません。

この日に出頭できない場合

  • 認定日以降、次の認定日までの間にハロワへ一度出頭する必要があります(早い方がいいようです)
  • 前回の認定日からこの日までに行った求職活動はカウントされません

私のミスは、最初にハロワに出頭する曜日や日にちを気にしなかったため、退職する前に決めた家族旅行のスケジュールと認定日が丸かぶりしてしまったことです。

これによって失業給付金が支払われるトータルの日数自体は変わりませんが、認定を1回(一ヶ月)スキップした形になるため全額支われるまでの日数が一ヶ月伸びます。私の場合は扶養を外れて年金と国民健康保険料を支払った上で失業給付金を受け取っているので、一ヶ月遅れるということは、給付金をもらえないのに年金・保険の支払いがある月が発生してしまい、全体の損益に大きく影響してしまい辛いです。

まだ1回だから良いですが、もし何らかの理由で再度認定日をミスるようであれば、失業給付の受け取りは中止してすぐに扶養に入るようにした方がマシです。

毎月の認定日は、最初にハロワに行った日を基準にして曜日と週が設定されるため、かなり先であっても失業給付期間中に海外旅行等で不在にする予定がある人は最初の出頭をいつにするかを慎重に決めた方が良いです。