セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

投機で稼ぐ金額

目標設定のようなものです。

前提条件

運用費・生活費元本 : 1億円
現在の年齢 : 41
寿命 : ワーストケースで80歳(もっと早いほうがベターですが・・・)
65歳までの年間支出 : 450万円(家賃込み)
60歳以降の年間支出 : 350万円(家賃抜き)
年金 : なし(どうせもらえない)

・55歳以降の収入は配当のみの予定
・60歳くらいには家賃が発生しない方法に切り替えたいと考えており、その時のための資産は別口で用意してあります
・妻は6歳下なので私より長生きする可能性が高いため、私の死後にもいくらか残したいと思います

計算結果

41歳から80歳までの資産の目減り具合をそれぞれの年収で計算してみたところ、以下のようになりました。

55歳までの年収 -> 200万円 300万円 400万円 500万円 600万円
年間配当200万円での80歳での残り資産(万円) 1,600 3,000 4,400 5,800 7,200
年間配当100万円での80歳での残り資産(万円) -1,000 400 1,800 3,200 4,600

配当が200万円ということは5,000万円を投資して配当利回り4%ということですからなかなか大変で、今の時価であれば高配当銘柄として知られるVerizon Communications(VZ)やAT&T(T)に投資しないと難しいです。

55歳までにはまだ少し時間があるので、その間に景気循環による株式市場の低迷かナントカショックが一度はあると思うので、その時にでも仕込めれば良いと思っています。

上の表から、55歳までは最低限年収400万円くらいは稼ぎたいところなので、これを目標とします。

目標金額達成のために

400万円を目標とし、これをFXで稼ぐためには1日あたり欲しい収益は以下のようになります。
営業日が200日*1とすると、

400(万円) / 200(日) = 2(万円/日)

メジャー通貨ペアでの一回の取引量を40万通貨単位とすると、1日に2万円稼ぐためには

20,000 / 400,000 = 0.05

となり、1日で5pips抜けば良いことになります。5pipsというのは時間帯にもよりますが、だいたい数秒から数分で動く値幅です。 一度の発注量が多いと滑り(注文した価格で約定しない)も出てくるため、25万通貨に減らしたとすると

20,000 / 250,000 = 0.08

となり、1日で8pips抜ければ良いことになります。このくらいの値幅であれば大きなリスクを取って大きな値幅を狙わずとも、小幅のスキャルピングの繰り返しやトレンドへの飛び乗りで取れる値幅であり、無理しなければリスクも少なく稼げる金額です。

このようなコツコツ手法は一度大負けしてしまうと1日・1ヶ月・1年分の利益を失うことになるので、逆行した時の諦め(損切り)を早めにしっかりと行う必要があります。

*1:年のうち1-2ヶ月は休みたいので200日計算にします