読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

SmartNewsの利用をやめました

今まで興味が無かった分野についても、例えばエンタメ系等の情報に継続的に触れれば新しい発見があって興味が出てくるかもしれないという理由でiOS版SmartNewsを使っていたのですが、結局興味が湧かなかったし仕組み上のいまひとつな点が改善されないので利用をやめることにします。

仕組み上のいまひとつな点と結論を書いてみます。

  1. 記事やソースが好みに合わない
  2. カスタマイズ性が低い
  3. 結論 : あってもなくてもあまり変わらなかった

1. 記事の選択(ソース)が好みに合わない

SmartNewsはカテゴリやチャンネルの表示・非表示を設定できるますが、「トップ」というカテゴリはタブの位置も変更できず非表示にすることもできません。「トップ」に表示されるのは、おおよそどうでもいい記事(芸能ニュース等)か既に知っている時々ネタばかりで役に立ったことはほとんどなく、それをアプリを開くたびに見なければならないことに不満があります。

また、たとえば「経済」というカテゴリがあり、ここは私なりに良い記事かどうかの判断ができるカテゴリですが、そこに含まれる記事のソースはゲンダイやポストなどの、あまりニュースとしての情報としての価値は無かったり、「新しい車が出ます」といった「これ経済カテゴリ?」な記事も多く、読むに値する記事はほとんどなかったので、他のカテゴリについてもその分野に明るい人から見ると微妙なのかなと思ったりもしました。

2. カスタマイズ性が低い

記事が自分の目的や好みにマッチしていればカスタマイズはあまり必要無いと思いますが、上記の通り残念ながらそうはなっていないのでカスタマイズができると良いと思います。Flipboardに買収されサービスが終了してしまったZiteというアプリであれば、記事ごとにその記事が自分の興味に合致しているかどうかのフィードバックをすることができ、それが反映されている(ように見えた)ので良かったです。SmartNewsも同様の個人ごとのカスタマイズが可能であれば良いのですが、今のところそのようにはなっていないようです。

上記の不満を解消するために出来て欲しいカスタマイズは以下のようなものです。

  • 特定のソースの記事を表示しないブラックリストの作成と編集
  • 記事ごとのフィードバック(Good/Bad)とそれを反映させる個人向け記事セレクションの仕組み
  • 「トップ」に含む記事の絞り込みまたは「トップ」タブそのものの削除

3. 結論: あってもなくてもあまり変わらなかった

結局のところSmartNewsを使用する前と後で情報の内容についての差異はあまりなかったので元の状態に戻ったわけですが、情報の収集を以下のように行っています。

  • 速報性の高いニュースはtwitterのTLから
  • ニュース性のあまりない読み物は特定のサイト(hatenablog、はてブ)や登録してあるRSSから

面白みも何も無いですが、消化可能な情報量を考えるともうこれでいいかなという感じです。これを機にRSSを整理するのと、記事セレクションに期待してFlipboardをちゃんと使ってみようかなとは思っています。