読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア主夫の生活日誌

セミリタイアしたので必然的にミニマムライフになります

kindleとkobo

狭い部屋に引っ越したので、紙の本を購入して本自体を置く場所も無いし自炊するための設備を置く場所も無いため、以前書いたとおり自炊道具は全部売り払ってしまいました。

このため、基本的には購入する書籍は電子書籍になります。

電子書籍プラットフォーム

マイナーなものを含めるといくつかありますが、日本では楽天koboAmazonkindleの2強だそうです。

ascii.jp

これらの2強でも合わせて13%ほどなので、他に比べ大幅な差をつけているというほどではありませんが、これらを選んでおけばいきなりサービスが終了して購入した本が読めなくなるということもあまり無いのかなとは思います。

Amazonは確かに便利ではありますが、書籍から日用品までの買い物をAmaznonに依存するのもどうかと思い、書籍に関しては最近koboを使い始めました。世界各国で労使問題や租税回避問題もいろいろありますし、他に同等のサービスがある限りにおいては積極的にはお金を落としたくない企業ではあります。ということで、既定路線のkindleではなくあえてkoboで書籍を買う理由を書いてみます。

最初に書いておくと、使い勝手も価格も似たり寄ったりなので「koboすげー」というよりは「まあkoboでもいいかな」という感じの内容です。

楽天koboを選択するさほど積極的でもない理由

楽天スーパーポイントが使える

今まで売り買い双方でAmazonのサービスを利用してきましたが、Amazonポイントってほとんどもらったことがありません。これに比べると楽天は様々なイベントでポイントがもらえます。また、書籍の購入で得たポイントはもちろん楽天市場での買い物で使用することができるし、その逆も然りです。 投資関係の本が対象になることはほとんどありませんが、Amazonでもたまにポイント半額還元セールなどを行っているので、そのタイミングを狙うのも有効だと思います。

もちろん書籍の価格自体の差額が大幅にあるようであれば安い方を選びます。

iPadアプリが意外と使いにくくない

iPhoneアプリの方はログインするときにパスワードのペーストすらできないので使う気にもなりませんが、iPad版は普通にペーストできるので使い始めました。

  • ページを前後させたときの挙動

投資関係の本は図表が割と多いので、文章を読みながら図表を見るためにページを前後させることがあるのですが、kindleは図表入りページを前後させると文章の位置が変わってしまい、元の場所に復帰するのにページの中のだいたいの場所で覚えておくことができず、文章への復帰に際しストレスが溜まります。これに対しkoboでは位置が変わることがないので文章への復帰もスムーズです。

  • アプリ起動時の動き

iPad版のkindleであれば、どんなに短い期間であっても一旦kindleアプリを抜けてから戻ると読み込みにワンテンポ必要で、webで何かを調べながらの読書に対してはストレスになりますが、koboは少しの間(時間ではなくメモリの消費量次第だとは思います)であれば再読み込みなく復帰できます。

あまり大した理由もありませんが、「koboも悪くないじゃん」と思った理由でした。